※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―2





昇降口から外に踏み出すと、雨上がりの湿った空気がさっと私たちをつつんだ。



濡れたような月が空にかかって光る。


「ヘンな夜だね。うっかり、違う世界に落っこちそう」


傘の先で水溜りをつついて言う。
瞬間、金木犀が強く香った。


『・・・鈴木さんのほうが、ヘンだよ』

ウサギは半歩先を行く。


「ウサギはさぁ、ぜんぜん変じゃないよね。ザ、スタンダードって感じ」


言ったらウサギが眉をひそめて急いで振り返った、


『ウサギって、何』

「あぁ、あだ名。」

『誰の』


人差し指でウサギの鼻をトンっと指差す。

『俺!?』

こくり。
うなづく。


「あたし、名前覚えるのめちゃくちゃ苦手なんだよね」

『・・・・・・・』


「ねぇ、ウサギの本名って、何」

『森島 司・・・・』


「ツカサ。ふぅん」

『ヒドイな。夏に帰国してから、もう3ヶ月も同じクラスなのに』

「なんかダメなんだよね。よっぽど仲がいいこじゃないと覚えてない。クラスでは4人、くらいかなぁ」


『名前覚えないと不便じゃないの』


「不便不便。だから、あだ名。ほら、ウサギと仲がよくてうるさいあの子はオウムでしょ。
 委員長はエリマキトカゲ。」


ウサギがくっと吹き出す。

『似合ってるなぁ・・・』


『でも、俺がウサギってのは納得いかない』

「いくよ」

『いかない』

「ほらウサギって、寂しいと死んじゃうじゃない。」

『ナニソレ』

「しかも可愛いし」

『可愛いって・・・・』

「嬉しくない?」

『あんまり・・・』

「不細工よりはいいじゃない。ちなみにうちの担任なんて、あんこよ、あんこ。崩れたあんこ。」

『担任の名前も覚えてないの・・・』

「今まで必要なかったんだもん。先生って呼べば、ちゃんと振り返ってくれる。」

『しかもあんこって、動物じゃないし。』

「食べ物の時もあるの~」


アタシは空に向かって伸びをする。

「気持ちい夜だね」

『そうかな』

「よし。」


私は立ち止まって鞄から携帯を引っ張り出す。


「ツカサ・・・・森島 司。 この漢字で合ってる?」

ピコピコピコ。
アドレス帳にウサギの名前が並んだ。

『え?うん』

「覚えるね」

笑う。

「ウサギは、あたしの下の名前知ってるの?」

『ハル、でしょ。』

「うん。」

「春~よ来いの春。」

「ねー、赤外線通信ってどこだっけ」

「あ、あった。はい。じゅしーん。」

「あれ、ウサギ、携帯持ってないの?」

『持ってるけど』

「赤外線通信しようよ。」

『メアド交換しようって、こと?』

「そぅ。記念に」

『ナニ、名前覚えた記念?』

「わかってるじゃん」

『や、鈴木さんは、なんか・・・よくわからないよ。』

「ハルでいいよ」

『突然だよね。いつも』

「そうかなー」

『じゃぁハル。』

「ナニ?」

『ウサギって呼ぶの、止めて』

「・・・・気に入ってたのになぁ。・・・わかったよ。ツ・カ・サ・くん」


私の携帯が、ツカサのアドレスを受信して青く光った。