※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


技の動作開始から、攻撃判定げ出るまでにかかる時間。「~が早い(遅い)」、もしくは「出が早い(遅い)」と使われる。
格闘ゲームにおいて重要な単語。

発生の早い攻撃を出すことが勝利への近道だと思いがちだが、遅い攻撃にはよろけ、無敵などの特殊効果が付加されているものが多い。


聖ソルの発生の早い技(4F以内のものを記載)
  • 立P(4F)
  • 立K(3F)
  • 2P(4F)
  • JP(4F)
  • Lv2サベ(3F+0F) ⇒ 暗転後ガード不能
  • Lv3サベ(3F+1F)


聖ソルの発生の遅い技(20F以上のものを記載)
  • 6P(20F) ⇒ 上半身無敵、ヒットストップ0
  • 2HS(23F) ⇒ 中段、CH時は地面バウンド付加
  • ダスト(22F) ⇒ 実はダストの中でトップクラスの発生
  • 地上版Lv1BRP(22F) ⇒ 中段、CH時は立Kで繋げられる
  • 地上版Lv2BRP(20F) ⇒ 中段、ヒット時叩きつけダウン
※GBは攻撃判定が特殊なので省略してます。