※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


文字通り相手の起き上がりを攻めること。
相手は必ず一定のタイミングで起き上がるため、スキの小さい技を重ねるなど、優位に攻められる(ロボカイのみ、時間差起き上がりが存在する)。
ただし、起き攻めを行う際にリバサ投げ、無敵技の割り込みに注意すること。


聖ソルでの起き攻めは他のキャラに比べ数多く存在する。

  • 立K
発生が3Fとかなり速い(立Pは4F)。こちらの攻撃を持続させるためにも、ガトリングの始動でもクセをつけておくこと。

  • 2HS
発生は23Fと遅いものの、対投げ無敵、14~22F下半身無敵かつ中段となかなか使い勝手がいい。
おまけにCH時は地面バウンドを誘発するため、連続技のパーツとして機能する。

  • Dもしくは2D
全キャラ共通のシンプルな起き攻め。
Dなら連続技に。2Dなら再び起き攻めへ。ガトリングから出せばさらに幻惑効果が高い。
ただし、リバサ投げや無敵技に注意すること。
聖ソルの2DがCHした時は、CCを行うことで連続技として機能する。普段からCCの癖を付けておこう。
一部のキャラクターの2Dはリバサ対策にも使える。

  • 6K
ただの蹴りの様に見えるが、さりげなくコマンド入力時から対投げ無敵が付加される。投げで切り返そうとする相手にはかなり効果的。
ヒット時は2Dでダウンを奪い再び起き攻めへ。
CH時はよろけを誘発するので、6HSが連続ヒットする。

  • JS
深めに当てるとF式が狙える。有効に活用しよう。

  • BHB
Lv2以上なら二択で迫る。Lv1でも
AC>FRCと行えば充分に機能する。立Kなどで攻めを継続しよう。

  • GB
無敵技で切り返そうとする相手にかなり有効。CHしたらエリアルヘ。
それ以外にも、
2D(ディレイ)>GB>GBと行えば、ガード方向を逆にすることができる。
この現象はLv3BRPやLv2レイブ オメガで跳ね返ってきた相手をジャンプなどで飛び越え、GBを重ねることでも発生する。
<詳しくはコチラへ>