※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正式タイトル 『GUILTY GEAR XX AC(ACCENT CORE)』
~ ギルティギア イグゼクス アクセントコア ~

AC用(アーケード=ARCADE)新作!

稼働は2006年12月20日。
本作の中心人物は、森利道氏&岡本隆二氏&石田聡(ロボ石)氏。

基板はGGXXSLASHと同じくNAOMI。どんなけ頑張るんだNAOMI、恐るべし。
参考用外部リンク

GGXXWIKI-GGXXACまとめ-


OP冒頭に「株式会社CRI・ミドルウェア」のロゴも出ていました。
こちらがどういう会社かについては、会社の公式サイトか、
もしくはこちらのGAMEWatch特集記事が詳しいです。
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20020813/cri.htm



最新作の発表は、GGJ発売記念イベント「ギルティギアジャッジメントデイ」で行われた。

キャラコンセプトの見直し、新システム導入などでかなり目新しくなっている。
さらにキャラ選択画面、ロード画面、乱入表示、各種ゲージデザイン、ヒット時エフェクト、ガード時エフェクト、RCエフェクト、ダスト背景、覚醒背景、一撃成功、ボイス、全て新規のものに!!


開幕演出も幾つか変更されている。特に、

ソルVSカイは圧巻です。


ステージもさらに美しく。紗夢のものはGGISUKAの中国ステージをリニューアル。
チップはブリジットステージ、ファウストはザッパステージ、ディズィーはテスタメントステージに登場するように。

ソル&カイ、ミリア&アクセル、闇慈&梅喧、ポチョムキン&ロボカイ、エディ&ヴェノム用に新ステージ(名称は変わらず)がある。
他のキャラのステージはアレンジされただけだが、その変化もまた凄まじい。

ミリア&アクセルステージはミリア用だけあって、旧作(GGX〜SLASH)同様、1/256の確率でどこかに宇宙人が出現する。

  • <ステージ画像集>(GAMEWatch特集記事より、PC用ページ)

使用出来るキャラは一人も減っていないが・・・非常に残念ながら、新キャラもいない。ストーリーは、全く進んでいない。



・ゲーム構成

全10戦という点は変わらず。BGMは聖ソルVSカイを除き全て同じでアレンジもされていない。勝利メッセージも9割は従来の使い回し。ロボカイでカイに勝った場合など、特別深い繋がりのあるキャラに対してのものだけ、かろうじて変更されている。

CPUはこれまでで最強。地上空中問わず、CPUがこちらに何か通常技を当てた場合は、ほぼ確実にコンボを決めてくる。また、立ち止まることが少なくなっている。ただしそれ以外は従来通りで、DAAなど各種システムは気まぐれで使っているような印象。倒そうと思って攻めれば、まだまだ充分勝ててしまうレベル。コンボの練習台としては使いにくくなった。
後半のCPUは起き上がりに必殺技や覚醒技を出してくるので注意。
9戦目がライバル戦(聖ソルの場合はVSスレイヤーとなった)、
10戦目がボスイノ戦で終了となる。


ボスイノ戦のステージは同じ。今回はボスイノ戦のみ一撃必殺技が使用できなくなる。しかし肝心のボスイノはまるで変更されていない。相変わらず三種類のメガロマニアを使用する。新軌道などは無い。
こちらが勝利すると、勝利後に特殊デモが入るようになった。
倒れていたイノが急に立ち上がり「相手になんねぇんだよ!クソが!!」と言うと(負けたくせによく言うよな...)、イスカのOPのようにイノの口元をアップにした新規カットイン絵が入る。続いてイノは黒い穴を作り出し、その中に飛び入って逃亡。デモ中、自キャラは黙って立ってるだけなのが悲しい。


・ボスソル戦

かなりの強敵。一定条件を満たした場合にのみ登場。倒しても特別な演出は無い。
また、負けてもエンディングを見ることができる。
詳しくはこちら


・ED(エンディング)

一枚絵+スタッフロールという従来通りの構成だが、右端がスタッフロールとなり、絵にあまり字が被らなくなっている。ED絵も新規なのは嬉しいところ。


・「メダルオブミリオネア」

アーケードのGGファンにはお馴染み、5ボタン(P,K,S,HS,D)同時押し+スタートで
開始できるM.O.Mモードは本作でも健在。仕様は特に変わらないようだった。
CPUキャラの総数は、#RELOADとSLASHから変わらず21。つまり出てこないキャラが居る。
ちなみに21戦目の相手はボスイノで、やはりこちらの勝利後に逃亡演出がある。



BACK