※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆このページではイベント等、主に公式から発表された情報などを掲載します。

『GUILTYGEAR2 OVERTURE』発売まであと約2ヶ月


11月29日に発売を予定している『GG2』。
既に各店舗で予約の受付が開始されています。

パッケージイラストでは、ソル、シン、ヴァレンタインが
PS2版イスカのパッケージにも似た構図で集結。
恐らく本作の最重要キャラであろうこの3人、
どのようなストーリーを見せてくれるのでしょうか。
向かい合っているシンとヴァレンタインの関係も気になります。


  • GG2公式サイト



GG2続報 新キャラクター3人と、システムの詳細を公開


GGシリーズ完全新作、『GUILTYGEAR2 OVERTURE』の最新情報が
ファミ通Xbox360 2007年10月号 に掲載されました。
本誌ではゲームに参加する戦闘ユニット、そして新キャラが公開されています。

戦闘ユニットは、
「マスター」「サーヴァント」「キャプチャー」の3種類に
分けられており、それぞれが独自の役割を担っているとのこと。

■「マスター」
=指揮官。プレイヤーが操ることになる最も強力なユニット。

■「サーヴァント」
=マスターの法力が具現化した戦闘用ユニット。敵拠点に攻め込むことに使う、強力なお供。

■「キャプチャー」
=戦闘力は無いものの、味方ユニットの回復などの特殊能力を
もっているらしい。彼らを上手く守ることも重要になりそう?


上記のユニット以外に、戦いの鍵を握る拠点「ゴースト」、
そして本拠地である「マスターゴースト」が存在する。

●「ゴースト」
=戦闘において根幹を成す拠点。敵よりも先に占領してしまうことが必要になる。

●「マスターゴースト」
=これを破壊した(された)時点で戦闘終了となる。
一気にこれを攻めたいところだが、強力なバリアが張られているため、
破壊するには他のユニットの協力や、「ゴースト」の占領が不可欠になるとのことらしい。


新キャラは以下の3人が紹介されました。

▼『ヴァレンタイン』(声優「沢口千恵」)
機械的な態度をとる謎の少女。
彼女の立ち絵の後ろにいる風船状のキャラクターは『ルシフェロ』という。

▼『イズナ』(声優「古澤徹」)
まるで狐のような容姿を持つ男。語尾が「〜ちゃ」という口調が特徴。
腰には日本刀らしきものを装備しているが、どんな技を使うのだろうか?

▼『ドクター・パラダイム』(声優「幹本雄之」)
鳥と竜を足して2で割ったような容姿をしている。
人でないことは容易に想像がつく。「ドクター」だけに頭は良さそう?


新キャラクターが、本作のストーリーにどう絡むのか。それはまだ分かりません。



GG2続報 カイ=キスク登場

ゲーマガ9月号の連載企画「GUILTYGEAR GIG」のコーナーで『GUILTYGEAR2 OVERTURE』
の情報が掲載されました。

本誌では、3Dアクションになっても必殺技および覚醒技やガトリング、
RCなどの従来のシステムは健在し、2D格闘と同様に
空中コンボもド派手に決めることが可能と紹介されています。

また、キャラクターでは『カイ=キスク』が紹介されました。
服装、髪型が一新され、額にティアラもしています。
キャラクター紹介記事によると「封雷剣を手放し、王様になった」ということらしい?
声優は「GUILTYGEAR X シリーズ」でおなじみの『草尾毅』氏。

他にもXboxLIVE対応や石渡太輔氏が新ジャンルに挑戦した理由なども掲載されました。



『ギルティギア』9年越しの完全新作、ついに登場

ファミ通にて『ギルティギア』の正統後継作品がXbox360にて発売されるとの情報。
その名も『GUILTY GEAR 2 OVERTURE』。
サブタイトルの『OVERYURE』は「序曲」という意味である。
本作ではゲームシステムが一新され、3Dアクションに、リアルタイムで戦略を組み立てるシミュレーション要素を加えた斬新なものになっているらしい。


キャラクターは現段階で『ソル』と『シン』が公開されている。
今回のソルの服装は今までとは異なるものになっており、武器も封炎剣とは違う形のものを手にしている。だが『ヴォルカニックヴァイパー』などの必殺技は健在のようだ。
声優は渋い声で有名な『中田譲治』氏。『石渡太輔』氏の代わりにどの様な演技を見せてくれるのか。

一方シンは右目に眼帯をし、手には棍(旗)。それを振るいながら敵を倒して行くようだ。
声優は『宮田一成』氏。
シンのプロフィールとラフ画も今回の記事に掲載されている。
ソルを「オヤジ」と呼び慕うシンは何者なのだろうか?
また、どんなストーリーが展開されるのかも非常に楽しみである。


下のリンクから石渡太輔氏のインタビュー動画と、シンのラフ画を見ることが出来ます。
http://www.famitsu.com/interview/article/2007/07/14/668,1184387356,75223,0,0.html


過去ログを見る



BACK