※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

計略のCSVファイルの書式について

※ファイル名は、sch.csvです。場所は、sysフォルダ下(ver0.15b時)

編集する時に、Excelで行われているものと想定して書いています。

名称

計略の名称。あんまり長いとはみ出る。

説明

計略の説明文。ver0.15b(現在)意味は特に無い模様。

士気

その計略を使用した時の消費士気。
[TODO]
武将欄で決めた計略との整合性はどうなっているか詳細求む。

効果時間(x/y)

基礎時間/知力依存度。
xが基本時間、yが知力依存時間。単位はc。
強化系の場合
x+y*(使用した武将の知力)c、となっている。

妨害系の場合
x+<{y*(使用者自身の知力)}/(相手武将+z)>c、となっている
z=1

例)作者発言より。
計算方法。

劉備の大徳の場合4.5/0.5なので計略時間は
4.5c+0.5c×知力
劉備の知力が7なので、合計8cとなる。
馬鹿かけられたら知力が0になるので、基礎時間のみの4.5cに減少


妨害計略の場合は計算方法に相手知力も関わってきます。
たとえばホウ銃の連環の計2/4.6を例に挙げると
2c+4.6c×自分の知力÷(相手の知力+Y) (Y=1)
になります。
知力9のホウ銃が知力0に連環の計を使った場合、
2+(4.6*9)/0=43.4cとなるわけですね。
多すぎですね。
つーか知力0でうっても2cもちますね。


効果範囲

計略の範囲あるいは対象。だいたい見ればわかる。
復活系計略のみ、自軍撤退/個別/n(nは復活させる人数)と記述する必要がある。

範囲補足(n/x/y/z)

計略の対象範囲。円形・矩形の場合に使用。

nには固定、前方、位置のいずれかが入る。
固定と位置の違いは、固定は自分中心の号令や水計系など向きに依存しない物。
位置は名君など完全にMAP上の位置を指定するもの。

x/y/zは位置と範囲の指定。
円形・矩形、固定・前方・位置で数値の意味が変わる。

円形/固定:x/yが中心の位置(武将の位置から前方向にx、右方向にyだけずれる)zが半径
円形/前方:xが中心の位置(武将からの距離)yは0以外の計略が無く不明、zが半径
矩形/固定:xが中心の位置(武将の位置から前方向にxだけずれる)yが縦幅、zが横幅
矩形/前方:xが横幅、yが縦幅、zがおそらく起点の位置。これだけ最初ではなく最後の数字が位置の指定。
矩形/位置:xが中心の位置(0が中央、数値が大きいほど敵陣側、小さいほど自陣側に寄る)yが縦幅、zが横幅。
※範囲を横にずらして、MAP右下1/4だけを範囲にするような事はできない模様。

対象種別

勢力名、あるいは兵種名を入れる。
ここに記述があると、その勢力あるいは兵種にしかその計略がかからなくなる。省略した場合は制限なし。

武力

そのまんま。上昇値あるいは低下値を数値で指定。
「仇討ち」「目覚め」など特殊な計略専用の変数が記述されている事もある(知力、速度などに関しても同様)

知力

上昇値あるいは低下値を数値で指定。

速度

倍率を指定。2と入力すると2倍速、0.5と入力すると速度半減になる。
元ネタの某ゲームには上限があったが、こちらの限界は不明。

突撃ダメージ

恐らく、%で指定している箇所、詳しい仕様は不明。
[TODO]
突撃ダメージについての詳細。

攻城力

速度同様、倍率を指定。

持続効果

計略ごとの特色をつけるもの。
全て特定の単語で記述。意味はsch.csvを直接見て貰う事でだいたい見当がつくと思われる。
詳細は、持続効果一覧にて。

適用効果

上に同じ。

条件

上に同じ。

解析用

ver0.15b(現在)では、"/"をつけること。
これが無いと読み込まれない。