シゲオおじさん


あきゆわこ氏の4コマに登場するおじさん。初登場は第322回。
『バーバラシゲオ』『ピノキオしげお』等と名乗ったことも。
ある時は花見の場所取りが上手いにもかかわらず自分の居場所がなかったり、ある時は自分の欲求に従った結果お金も家族も失ったり、またある時は自販機の中で時給が最低賃金を下回るという世知辛さを語ったりと何かと不遇な目に遭っている。
また、本人もゴリラにフンを投げられて自分をフン以下だと思ったり、自分のことを職歴も真っ白で寝不足で目が真っ赤になるからウサギみたいなものだと言ったりなかなかに卑屈な性格である。
それでも強く生きている。会社で空気みたいな存在だったことを利用して社長になったことだってあるのだ。

余談だが第339回に登場した子供や第340回に登場した魚屋の親方じゃない方、第343回に登場した子役の少年(?)の名前も『シゲオ』である。



「人間のキスは微量の菌を交換して免疫力を高めるんだよ」
「だからおじさんとキスをしようよ 免疫力を高めるだけで決していやらしいやつじゃないから」