虹江お帰り

艶めかしく、耽美で、衝撃的な絵面を駆使する作家。
その斜め上を行くアートな世界観が、読者を非日常の世界へと引きずり込む。

関連リンク