ユキナリ

味のある線と、味のある文字が、独特のワールドを作り上げている。
そのネタにはどことなく、ゆるさと哀愁が漂っている。