スタージュン

名前 スタージュン
性別 男性
所属 美食會
初出 31話
声優 三木眞一郎
年齢 不明
血液型 不明
誕生日 不明
身長 232cm
体重 307kg
視力 7.5
足のサイズ 48cm


概要

美食會副料理長。シャボンフルーツ編以降は副料理長に加えて美食屋を兼任し、大竹とコンビを組む。
パートナーアニマルブラガドラゴンビッグバンシャーク

肩まで届く長髪をした長身の男で、上部に五本の棘のついた「シバの兜」と呼ばれる黒面で顔全体を隠しており、隙間からは赤く鋭い眼光が覗く。
仮面の下の顔はかなりの美男子で、額には小さな痣が、顔の左側には生まれついて大きな火傷らしき傷跡がある。
トリコのポテンシャル、小松の料理人としての才能に高い関心を持っている。

美食會の任務とは別にとある食材を探しており、その食材に対し「食べたら思い出すと思う」と語っていることから、
過去の記憶を失っている可能性が示唆されている。
また、グルメ細胞の遺伝子を持って生まれた人間らしく、クッキングフェスのトリコとの死闘を経て資質が開花。額に第三の目が浮かぶようになった。
シバの兜、炎を操る、額に第三の目を持つなど、モチーフはヒンドゥー教のシヴァ神だと思われる。

他の美食會メンバーに比べると比較的温情のある性格で、無意味に人や猛獣の命を奪うことはないものの、邪魔者は容赦なく惨殺する。
また、他の副料理長と違って会議にも毎回遅れず出席し、任務失敗時は自ら責任を取ろうとするなど生真面目な性格。
美食會きっての武人でもあり、GTロボを介してトリコと対峙した時は圧覚超過を解除しろというトリコの要求に応じて互角の条件で戦った。

第1回人気投票では435票で7位。美食會の中では最上位であった。
アニメのキャラクター総選挙では729票で8位。こちらも美食會の中では最上位であった。

戦闘力

副料理長でありながら美食會では三虎に次ぐNo.2の実力者。トリコはその実力を「世界に何人もいないレベル」と評している。

地面を一瞬で溶かすほどの青色の炎を自在に操ることができる。
また、それに加えて「切る」と「焼く」を同時に行える、特殊調理食材用の包丁「バーナーナイフ」を武器とする。

肉体的強度も高く、山一つを破壊するネイルガンをはじめとするトリコの技のフルコースを真正面から受けても、軽く吐血する程度だった。
また、トリコが戦闘の中で編み出したフォーク釘パンチ、ナイフネイルガン、ツインネイルガンなどの強力な技を幾度と無く受けてもまるで致命傷にはならなかった。
動きの誤差が1/1000のGTロボでも反応が鈍く感じるほどのスピードを誇り、
臨戦態勢に入るまで0.5秒かかったトリコに対し、その間に10回は殺せると語ったこともある。

狩猟や料理のスキルもかなり高く、フグ鯨編ではGTロボを用いて大量のフグ鯨を毒化させずに捕獲している。
またシャボンフルーツ編では、シャボンフルーツを大量に捕獲し、調理にも成功している。
しかし、元来生まれ持った素質である「食運」だけは不足しており、食運を持つ料理人を求めている。

来歴

フグ鯨編では、捕らえた大量のフグ鯨を片手に洞窟の砂浜の深海1000メートル側からGTロボで現れ、トリコココを畏怖させた。
洞窟の砂浜入り口でフグ鯨を奪い取ろうとした野党たちを惨殺し、自分を捕まえにきた機動隊のトール隊長も殺害している。

宝石の肉編では、美食會第6支部に姿を現し、野人ドーサと操縦を交替する形で宝石の肉争奪戦に参加する。
リーガルマンモスの体内でトリコたちに遭遇し、一撃でトリコを瀕死に追い込むも、宝石の肉を食べてグルメ細胞を進化させたトリコにロボを破壊された。

BBコーン編では、悲哀の森ソーンウッドで行われた会合に参加する。

メロウコーラ編の後、Bar「メリア」に食事に来ていたところを、トリコと偶然再会。
一触即発で戦闘にはならなかったが、そう遠くない未来に起こるグルメ戦争の際にはアカシアのフルコースを賭けて勝負することを誓い合った。

シャボンフルーツ編では新型GTロボで千代大竹を迎えに来る。

クッキングフェス編では、クッキングフェスに出場する料理人をさらおうと会場に現れ、トリコと戦う。
激しい死闘の末にトリコを完全に戦闘不能に追いやるも、無意識にトリコの体から飛び出したグルメ細胞の一撃を受けて致命傷を負ってしまう。
しかし、この死闘がきっかけとなり、体の中に眠っていたグルメ細胞が開花。大幅にパワーアップを果たした。
その後、小松を連れてスタジアムに現れたジョアの下に向かうも、三虎メテオスパイスが放たれたことで部下たちに撤退命令を出し、本部に退却した。

アニメでの相違点

アニメではフグ鯨編以前から少しだけ登場しており、トリコの動向を気にかけていた。

クッキングフェス編では、トリコとの戦いの結末が変更。トリコの脚を切断する描写がカットされ、バーナーナイフを一方的に折られる。
包丁を折られた後はトリコと素手で殴り合いを続けるが、ジョアの放つ異様な気配を察知すると一時休戦し、スタジアムに向かう。
トリコと共闘してジョアと戦うが、圧倒的な力を持つジョアの前にても足も出ずに敗れる。
その後グルメ細胞を覚醒させて再び立ち上がるも、ジョアにあっさり技をかき消されてそのまま吹き飛ばされるなど、原作とは逆にまるでいいとこ無しであった。

劇場版トリコ 美食神の超食宝ではグリンパーチトミーロッドとともに裏切り者のギリムと戦うが、逃げられてしまう。
その後、アルファロたちとともに旧第1ビオトープに向かう。

ゲームでの活躍

トリコ イタダキマスターでは、「GTロボ(スタージュン)」、仮面をつけた「スタージュン」、仮面を外した「スタージュン(素顔)」の3バージョンが存在する。
GTロボ(スタージュン)は1弾から参戦。技は「ミキサーパンチ」、「ミートハンマー」。
スタージュンは3弾から参戦。技は「千斬り」、「火炙り」。
スタージュン(素顔)は7弾から参戦。技は仮面バージョンと同じ。

トリコ グルメサバイバル!ではラスボスとして登場し、新型のGTロボに乗り込んで、メガモリ島の最深部でトリコたちと戦う。

トリコ グルメサバイバル!2でも再びラスボスとして登場する。
キッチンホール大渓谷の美食會幹部との三戦目に、リョウテイと組んでトリコ、ゼブラの前に立ちはだかる。
前作とは違って生身で挑んできたかのように思えたが、実は擬態機能を備えたGTロボを操縦しており、勝負が終わるとどこかに去っていく。
その後、エンディング後のシナリオでニトロを引き連れて再度トリコたちと戦うことになる。

トリコ グルメモンスターズ!ではビッグバンキノコ入手のためにトリコたちと敵対。ストーリー中では三度にわたって戦うことになる。
しかし、共通の敵ミスターキメラが現れたことで共闘。一時的にトリコたちの仲間になる。
その後すぐに仲間から外れるが、エンディング後は何の説明もなく、本当に唐突に仲間に加わり、プレイヤーキャラとして使用できるようになる。
ほとんどのステータスが高く、隙のない強さを持つ。

トリコ グルメガバトル!ではプレイヤーキャラとして参戦。ストーリーではアルティメットミート入手のために暗躍する。
バランスのよいステータスを持ち、敵や状況に応じて戦い分けることができる。

トリコ アルティメットサバイバルではプレイヤーキャラとして参戦する。
ストーリー中は特定のメインオーダーでしか使用できないが、エンディング後はフリーサバイバルで自由に使えるようになる。

  • ミキサーパンチ
    • GTロボの腕をミキサーのように回転させ、相手の肉を抉り取る。
  • 熱消毒
    • 熱で自らの体を焼くことにより、毒を消し去る。
  • キャンプファイアー
    • 自らの体を中心に、周囲を炎上させる。
  • キャンプファイアー "中火"
    • キャンプファイアーの強化版。闇料理の会場を一瞬で消し飛ばすほどの火力を持つ。
  • 火盾
    • 手を炎で包んで攻撃をガードする。その火力はトリコのフォーク釘パンチを全て燃やし尽くすほど。
  • 炎の竜巻 "火炎旋風"
    • バーナーナイフを振りかざして、炎の竜巻を起こす。
  • キャンプファイアー "強火"
    • キャンプファイアーの強化版。トリコのフォークアーマーを完全に溶かし尽くすほどの火力を持つ。
  • バーナー炙り刺し
    • バーナーナイフで相手を突き刺し、炙る。
  • 一刀焼き切り
    • バーナーナイフによる強力な斬撃。
  • バーナーパンチ
    • 炎を纏った強力なパンチ。
  • ファイアースピア
    • 炎で作り出した槍で、相手を貫く。
  • 火盾 "ボーンフライ"
    • 火盾をかざし、襲いかかってきた相手の体を骨まで炙る。
  • バーナーショット
    • バーナーのように長く伸びた炎の弾丸を無数に撃ちこむ。
  • 激熱 火炎放射
    • アニメオリジナルの技。相手に向かって勢い良く火炎を放つ。
  • 火炎烈風
    • アニメオリジナルの技。蹴りとともに足から炎を放つ。
  • アルティメットルーティーン
  • 暗技"蘇生包丁"
ゲームオリジナルの技


関連項目