妖狐





基本的なこと

妖狐を登場させる方法

配役Aでは14人以上の村からは1人登場、23人以上の村からは2人登場します。
配役Bでは5人以上の村からは1人登場、16人以上の村からは2人登場します。
配役Cでは9人以上の村からは1人登場、16人以上の村からは2人登場、24人以上の村からは3人登場します。
配役Dでは9人村・14人以上の村から1人登場、23人以上の村からは2人登場します。

第一犠牲者の役職に割り当てられることはありません。

所属陣営

所属陣営は妖狐陣営です。

死亡条件

  • 処刑される
どの役職でも一緒です。

  • 占い師に占われる(呪殺)
占い師に占われると翌朝に死体となります。
狩人の護衛がついていても死体となります。

※人狼に噛まれても死亡しません。

特殊能力

  • 自分以外の妖狐が誰なのかが分かります。
妖狐が2人以上いる場合、すべての妖狐に妖狐が誰なのかが分かります。
背徳者がいる場合、背徳者は分かりません。

  • 「念話」で会話できます。
夜・夜明けの時間のみ、「念話」を使って妖狐同士で会話できます。
妖狐が1人しかいない場合でも念話はできます。
他の役職には念話は見えません。