投票時間の残り40秒になると背景色が夕焼け色になります。
残り30秒になるとカウントダウンのSEが鳴るようになっています。


ゲーム終了

ルール違反者通報制度

ゲーム中にゲーム進行やゲームバランスを崩壊させうる禁止行為に抵触する行為をした、重大なルール違反者に対して通報を行うことができます。1人が一つの村につき3人まで通報可能です。
通報数が第一犠牲者を含む参加者数の過半数に達した場合、通報が成立し、当該プレイヤーのアカウントはゲーム参加がブロックされるようになります。
数ヶ月単位のブロックになるため、ルール違反者であっても故意・悪意によるものでなくきちんと謝罪があった場合には十分考えてあげる優しさも大事かもしれません。
故意ではなくルール違反をしたプレイヤーは、ゲーム終了後に心を込めて謝罪をしましょう。


ゲーム多様性

4種類の配役

人数に応じて2~4種類の配役が用意されています。
配役表: 種類別(A-D)   人数別(4-30)

聴狂人

村立て時に聴狂人ありにすることで
狂人と狂信者が狼の会話を聞けるようになります。

狼はそれを意識して、さまざまな指示を聴狂に出し
自陣営の勝利を目指しましょう。

Z配役

自由な配役を設定してプレイする事ができます。狼や村人がいない配役の設定も可能です。
役職は17:村2/狼2/占2/霊2/狂2/狩2/共2/狐1/信1/背1の形式で入力して下さい。
ただし以下の条件を満たす必要があります
  • 人狼の人数<(人狼と妖狐以外の人数)である。
  • 人狼または妖狐が1匹以上。
  • 共有者登場させる場合は共有者は2人以上
  • 背徳者を入れる場合は妖狐1匹以上。
  • 狂人or狂信者を入れる場合は人狼1匹以上


(特殊役職)猫又

10人以上の村では猫又を参戦させることができます。
猫又が参戦すると人狼も1匹増え、村人が2人減ります。
少人数での猫又参戦は吊り数と人外数のバランスがシビアですので注意しましょう。

(特殊役職)狂信者背徳者

D配役には、狂信者背徳者が参戦するものがあります。
  • 普段とは一風変わったプレイ展開を期待できるでしょう。

能力強化ルール

  • 「SP狩人VSボス狼VS神狐」として、楽しまれていたルールです。
  • 18人以上で、狩人、人狼、妖狐が存在する村であれば、能力強化ルールで遊べます。
  • 狩人、人狼、妖狐のうちそれぞれ一人の能力が強化されます。
  • 誰が能力強化となるかは、村開始後の役職割り当て時に決定します。
  • 強化された狩人は、2日目以降に毎晩1人を射殺できます。  (護衛先× 人狼○ 妖狐○)
  • 強化された人狼は、偶数日の夜に追加で噛むことができます。(護衛先× 人狼- 妖狐×)
  • 強化された妖狐は、3の倍数日の夜に噛むことができます。  (護衛先× 人狼○ 妖狐-)
  • 猫又を殺害した場合は、実行したSP能力者(複数の場合も有り)も道連れで死亡します。
  • 能力者が死んだとしても、死んだ夜に実行した能力は発動します。
  • 強化された能力は実行しなくてもよいです。その場合、ランダム実行もされません。
  • 通常の能力(占い・噛み・護衛)がすべて実行されると、強化能力は実行していなくとも夜が明けます。
※本ルールでのゲームバランス改善のために、要望・意見など大歓迎です。掲示板までお願いします。バグの報告も掲示板までお願いします。